共感セッション レポート2

ギフトセッション ゆっくりとしたペースではあるけれども、コンスタントに知人や友人、オンラインで初対面の方々と時間を共にしている。

僕は基本的に聴くモードに徹している。何を聴こうとしているかというと、その人の言葉の奥にある質感。そこにある痛みや歓び、そのさらに奥にある願いや命のエネルギー。
NVCの文脈で言うと、感情とニーズ。
サイエンズの文脈で言うところの「本心」に近いかな。

基本は「聴いている」のだが、セッションではそれ以上の何かが生じてくるから面白い。当人が自分でも見えていない部分にアクセスする、気づきが生じる、自分自身に出会う。

それぞれの人と話す度に、その人の人生の一端に触れさせてもらっている感じがして、こちらもギフトを受け取っている感じがある。

セッションを通して、それぞれの人がよりその人のコア/本質につながって、イキイキと輝くことを願っている自分がいる。
そんな人が溢れる世界って、どんな感じなんだろう。
その世界に近づくのに「聴く」ということがかなりパワフル。

11月は比較的余裕があります。ピンと来た方は気軽にお申込みください。

以下、参加してくださった方からのフィードバックをお二つ共有。
続きを読む

ギフトで溢れた世界

今、「自分を共感で包み込む100人ギフトセッション」という企画を展開している。
今回は「ギフト」について書いてみたい。

ギフトというのは「贈り物」ということ。
分りやすいのは、自然界はギフトで成り立っているということ。
例えば、今この時にもみんなが吸っている空気。これは、植物が二酸化炭素を酸素に換えてくれることで受け取っているギフトだと捉えられる。
ここ2年間は休んでいるが、田んぼをやっていた時にもたくさんのギフトを得ていた。
米は一粒の種籾を蒔くと、それが苗に育ち、そこから2000粒もの米に育つ。

庭の柚子や柿の樹はたわわに実りをもたらす。
我が家は自然の豊かな中にあって、今時期その辺を歩けば、栗、むかご、あけび、ミョウガ、銀杏などなど自生していたり、誰かが植えたりしたものを恵みとして受け取る(拾う)ことができる。
そこに、お金は介在していない。

では、自然に近いところに住んでいなければギフトを受け取ることはナカナカ難しいのか?
より深く観ていくと、実はそうでもない気がしてくる。

続きを読む

共感セッション レポート 1

3月にベイビー誕生から育休&主夫モードで過ごしてきたけれども、少しずつ活動を開始している。
「自分を共感で包み込む100人ギフトセッション」
ありがたいことに、知人や友人、まだ面識のない方含め少しずつセッションをさせてもらっている。

共感コミュニケーション/NVCに触れたことがない人でも、全く関係なく自分の中に潜っていくことができる。

50分という時間で各人各様のいろいろなことが生じる。以下はその一例。
人間ほとんどが(自分も含めて)過去の経験の中に「凍りついた状態」を抱えて生きている。
「なんであれ」それをジャッジせずに感じる、認める、受け容れるということ。
その際の鍵は身体の感覚、あるいは自分の中のエネルギー。
限られた時間の中で、必要なことが必要なだけ生じる。
そのプロセスが尊く、愛おしい。


続きを読む

自分を共感で包み込む100人ギフトセッション

ベイビーが誕生して6ヶ月。継続して主夫状態ですが、少しずつ活動を展開していこうかな、と。

「そうそう、わかるわかる~」「それは絶対に相手が悪いよ」といった感じの同意・同調とは全く違った質の共感。
それは、本人の体験に寄り添うこと。そこにどんな気持ちがあって、どんなことを願っているのか。

「共感コミュニケーション」の講座を展開しているけれども、「そもそも共感って?」ということをより多くの人に体感してもらいたい。
自分を叱咤激励するのでもなく、頑張ってポジティブに捉えるのでもなく、相手や自分を責めるのでもなく、ありのままの自分を共感で包み込む。
それを通じて普段意識していない自身の本質につながっていくキッカケを提供したい。
そんな想いから、100人ギフトセッションをスタートします。

受けてみた方からの感想
共感セッションレポート その1
共感セッションレポート その2


続きを読む

100人コーチングの経過 2016年1月

スタートしてから大分たつけど、まだまだ継続中の100人コーチング。
2016年 1月20日現在、53名の方がセッションを受けてくださいました。
折り返し地点は過ぎた。今もポツポツと「まだ受付していますか?」と声を掛けていただく。

一時はとにかく人数をこなそうとして前のめりになっていたけれども、今は、それぞれのタイミングで声を掛けてくださる方の対応をしている。
有料のセッションも併せて、それなりに回数をこなしてきているので、自信もついてきた。

coaching_image
写真はイメージ。実際はスカイプを通してコーチングをします。
セッションの記録を手描きしたスキャンデータもお送りしています。
続きを読む

コーチング 単発セッション対応スタート

スローライフコーチング beart
これまで最低3ヶ月で3回程度のセッション、あるいは10回連続のセッションという設定にしていました。

この間、100人コーチングで1回だけのセッションを持った方でも、大きな気付きや変化が生じるケースがありました。
「1回だけのセッションでも結構パワフルなんだな〜」と我ながら感じているところです。

IMG_0031

あるクライアントさんからの感想をシェア
======
知らずに、無意識のうちに避けていた、見ていなかった課題を明らかにすることができた。 またその課題に対処する方法を前向きに考えたり、ワクワク感をもって取り組もうと思えたりできた。 前向きにアプローチする手助けをしていただいた感じ。

そしてその見えた課題を昇華することは大きな前進となる確信がした。 課題が見えたから、アプローチできる。 見えてなかったら暗闇の中を手探りするのといっしょ。

部屋の掃除や整理整頓が必要なように、自分の内面も同じく整理することが重要だと思った。
=====

そこで、「最低3ヶ月で3回程度」という枠組みを外して、受けたい人が、受けたい時にセッションをする設定に変更しました。
10回連続セッションの枠組みも継続しています。

100人コーチング(無料セッション)も継続して受け付けています。
気軽にご連絡ください。

最近、非暴力コミュニケーション/共感コミュニケーション(NVC)についても学びを深めています。コーチングにも大いに役立っています。

100人コーチング 経過

1年以上前にスタートした100人コーチング
当初は「早めに100人への対応をするのだ」と意気込んでいた。
けれども、僕の都合でセッション数を増やしていくというのは、本末転倒だと思い、受けたい人が受けたいタイミングで、というスタンスに切り替えていた。
現在、35名の方とセッションをした。1年でこのペースというのは、かなり遅いと思う。
この間、モニターさんへのセッションも含めると200回ぐらいの経験を積んで来ている。普段の会話も意識的にコーチング的にしたり、丁寧に聴くことを大切にしている。

IMG_2061
続きを読む

聴き舎@魚町(beart 100人コーチング)

イベント会場に出張して100人コーチングを展開します。
==============================
聴き舎@魚町(beart 100人コーチング)
あなたの話、深く深く聴きます。
==============================

★場所:年末のミニ食にん市@スローフードマーケット=田川市魚町5-13
28日 10時~15時
29日 10時~15時
30日 10時~15時(この日は予約のみ)

slowfoodmarket

★スローライフコーチングbeart:映画や絵画が芸術になるように、人の生き方が芸術にならないはずがない。by ミッシェル・フーコー

生きることそのものを芸術に = beart。
スローライフコーチングは、深く聴くことを通して、その人がより本質的に「わたしを生きる」ことをお手伝いします。
あなたの本質はあなたしか持っていません。
コーチと対話を重ねることで、自分自身への気付きを得て、自己成長、自己成熟をしていくプロセス。
それは、種が発芽し、成長し、実をつけていく自然の営みのように穏やかで平和的でスローなもの。

通常はスカイプというインターネット電話で実施している100人コーチング(100人の方に無料でセッションをするプロジェクト)を今回はイベント会場(田川市魚町)で「聴き舎」というブースにて展開します。
続きを読む

No Judge と気付き

コーチングを実施する上でも、日常生活でも大切になる鍵に「ジャッジしない」ということがある。なかなか難しいことなのだが。

ジャッジとは「価値判断」「裁き」「決めつけ」といったところだろうか。
実は、僕はジャッジしまくる人間だった(一応、過去形にしておこう)。
言い訳だが、以前の職場では営業職だったので営業相手と話を数分する中で、「この人はどういった人で、買うか買わないか」といったことをジャッジしていたんだ。そんなことを2年近くもしていたこともあり、人を瞬時にジャッジするクセのようなものがあった。今でも、多分、ある。

アバターやヴィパッサナー、ゲシュタルト・アウェアネス・プラクティス(GAP)などで学びを深めたことの一つに「ジャッジしない」ということが含まれている。
具体的にどういうことかというと、僕の理解では以下。
「自分の価値判断を保留して、相手の立場に身を置く。
ただただ、ありのままを見つめる、感じる。
分析やアドヴァイスも必要なく、答えはその人が持っているということを信じる」

ジャッジをしないのは、相手に対してもだが、自分に対しても。
ヴィパッサナーでは、「ただ観察する」ということをひたすらしていく。
自分にとって居心地の悪いことや、認めたくないようなことも、抑圧せずに「あ、そういう面があるんだな」と。
例えば、「僕はまだ人をジャッジする面がある」ということも、価値判断を交えずに、見つめる。
「ダメだダメだ、またジャッジしてしまった」とダメ出しという名のジャッジが入ると、抵抗を受けた性質は強化されてしまう傾向にある。
逆に認めて受け入れていく、そのこと自体を深く感じていくと、質が変わってくる。
ありのままであること。

そう、答えはその人が持っているのだ。だから、気付きが大切になる。
GAPのワークショップに参加した時に「気付きって何なんだ?」って思考でグルグル考えている自分がいた。けれども、何かの拍子に「ああ、気付きとは気付きなんだ」って妙に納得した自分がいた。すごく面白い、不思議な経験だった。
気付きは「やってくる」あるいは「降ってくる」。
「気付こう!」と、そこへ向けて努力するというのは、ちょっと違っている。

GAPでは、一切の分析も価値判断も相手からされない。受け取るのは、自分が語ったことのエコー。「壊れているものがあっても、直さない」というスタンス。
その中で、自分が勝手に「ああぁ」って気付く。

コーチングでも答えはその人が持っていることを大前提にしている。対話と質問を投げることを通して、クライアントが「ああ、そっか」って気付く瞬間が出てくる。
そこで視点が変わったり、意味付けが変わったりする瞬間に立ち会うと、鳥肌もので、僕自身もすごく嬉しい。そこに、学びと成長/成熟があるから。

僕自身に限って言えば、そういった気付きの質を高めるためには、ノイズを減らし、自分をシャープにしておきたい。
食や情報、空気や水など感覚を鈍らせるものが山ほどある世の中。ノイズを減らしつつ、瞑想し、身体を動かし、自然の近くに身を置く。
そういったことが、僕にとってはとても大切。

========
100人コーチング(50分無料セッション)展開中
気付きに近づいてみませんか?