「子どもを褒める」どんな意図がありますか?

先日の講座の中から出てきた疑問。
NVCの中で「つながりを阻む思考」として「Deserve-oriented thinking:特定の行為が報酬や罰に値するという思考」が挙げられています。
それに対して「子どもを褒めるのもこれに当たるのでしょうか?」といった趣旨の質問をいただきました。

それをきっかけに考えたこと。
褒めることがダメなのではなく、そこにどんな意図があるか?というお話。

大前提:「正しい、間違っている」という枠組み=発想を超える。
どちらも「人間の考え」でしかなく、そのぶつかり合いはただの解釈合戦だから。

NVCの世界観では「正しい/間違っている」という枠組みではなく、「何が大切か(そこにどんなニーズがあるのか)」という枠組みで物事を捉えます。

「子どもを褒める」のも「ダメ」なわけではありません。
それを前提としつつ、どんな捉え方ができるか書いてみます。
続きを読む

8ヶ月

我が家にベイビーがやってきてあっと言う間に8ヶ月が経ちました。
いろいろあったけど、なんだかんだで主夫業にも慣れてしまった。
稼ぎ仕事にはほとんど出て行かず、だいたい家にいて家事をして、なんとなくその日が終わっていく。

玄米に味噌汁中心の食事をして。
日々布オムツを洗い、干してたたんで。
近場から枯れた竹を運び五右衛門風呂をたく。
裏山に入って倒木を引っ張り出して薪を準備したり。
新しく棚や薪ストーブガードを作ったりして3人暮らし用に家を整えたり。
ビワの葉で天然菌の納豆を仕込んだり、干し柿を作ったり。
どっぷり暮らしている。

続きを読む

共生期間を過ごしてみた

前回、共生期間の考え方について書いてみた。
で、「実際やってみてどうだったのか?」を今日は書いてみたい。

我が家は自宅で出産した流れで、産後は家で母子が過ごすというスタイルだった。
3人暮らしがスタートしたが、家事全般を一人で切り盛りすることが予想以上に大変だった。
「普段から家事はやっているし、まぁ、大丈夫だろう」ぐらいの感じでいたが、全く違った。
パートナーと赤ちゃんのケア、家事(しかも我が家は薪風呂だし、スイッチひとつでお湯は出ない、たのしい不便たが沢山な家)、買い出し、布オムツの洗濯などなど。まさにドタバタとこなしていた。

実はフル回転でやっていたら、2週間目ぐらいで息切れして倒れた(一晩眠ったら回復したけど)。
赤ちゃんも育つし、母親も回復してくるので4週目ぐらいからは徐々に余裕が出てきた。
8週間経ったら母親がバリバリ動けるのか、といったらそうでもないので、主夫仕事はしばらく継続。
続きを読む

生後8週間 共生期間について モンテッソーリ育児

ベイビーが誕生して6ヶ月が経った。長かったような、あっという間のような。
暮らしのリズムもだいぶ落ち着いてきて、自分のやりたいことに時間を使う余裕も出てきた。
我が家の「育み合い」について「生後8週間に渡る母子の共生期間」を通して書いてみたい。

以前の職場でモンテッソーリ育児の書籍『デチタでチたできた!』を発行したことがあった。その際に何度も聴いた用語だった「共生期間」。まさか、自分がそれを実践するとは思ってもいなかった。

出産後にもあれこれ調べる中で明確になったことも含めて「共生期間」について自分の理解を書いてみたい。

出産という経験は赤ちゃんにとっては「分離」の経験でもある。今まで母親のお腹の中で「ひとつ」の状態で大きな安心と共に過ごしていた。心地よい羊水の温度と必要な栄養が供給される環境。その満たされた中ですくすくと育っていく。不足は存在しない、本当に満たされた世界なのだと思う。

続きを読む