パーツワーク(IFS)+共感 (NVC) 「わたし」の声を聴く3回セッション

こころの中では「もっと優しくなりたい」「もっと相手を思いやりたい」「もっと前向きでありたい」と思っていても、日常の中で出てくる反応はゼンゼン質が違う。
自分や相手を責めたり、怒りが出てきたり、投げやりになったり。そして、「はぁ」というため息と共に落ち込んだり、あきらめかけたり。
もっと意識的な努力をしたり、何かを克服することで、この状況の根っこは変化しないかも知れません。
必要なのは「反応しているわたしの部分」の声とそこにある痛みを丁寧に聴き共感すること。それがあると、自分の内側で何かがシフトし、癒しや変容が生じ得ます。

パーツワーク (IFS)と共感 (NVC)の智慧を使って、「わたし」の声を聴く。
3回セットセッションをモニター的に実施します。

【費用】10,000円〜36,000円(スライディングスケール/3回のセッションを受けてみた感じから気持ち良く支払える金額をお願いいたします。)

【時間】1セッション50分〜 ×3回 (基本は50分間ですが、セッションの流れによっては延長します。延長は最大90分ほどを想定しています。)
セッションとセッションの間は相談しつつ1週間から1ヶ月ほど開けます。

【場所】オンライン (zoom やメッセンジャーなどの通話アプリを使います)。対面希望の方はご相談ください。

【3回セッションに含まれるもの】
3回の個人セッション。
セッション記録のフィードバック。
セッション間のメールでの質問への返答。
パーツワークやNVCに関する基本的な資料の共有(事前に読んでいただいた上で、セッションに入っていただけたらと思います)。
3回セッションが終わった段階でアンケートへの返信にご協力ください。

【モニターの意図】
この間、共感コーチングの枠組みで、主にNVCのツールを用いてセッションを実施してきました。深い共感が生じ何かがシフトする感覚もあるのですが、もう一歩踏み込めないものか?元に戻る力もある中で、もう少し深い変容の道はないものか?と探究してきました。
現在集中して学んでいるパーツワーク (IFS) は、パーツとセルフという概念を用いて、「自分というシステム」をより調和させる力があると感じています。そこにNVCの共感エッセンスも併用し、継続して3回やってみることでどんな気づきや変容が可能なのかを把握したい意図があります。

【お申し込み&お問い合わせ】
JIN Akila
beart.nowhere★gmail.com
★は@に変更してください。
FBアカウントへのメッセージでもOK。

【セッションへのお誘い】
「わたし」とは何なのでしょう?
自分に批判的なわたし。つい相手を責めちゃうわたし。明るく元気なわたし。引きこもりたくなるわたし。すべてわたしですが、「それ=わたしの本質」ではなさそうです。

「わたし」というものを複数の部分(パーツ)とセルフ (Self) という魂のようなものからなるシステム全体だと捉えてみる。
やや歪んだ形で役割を引き受け機能しているパーツ(例えば、自分を責める、すぐに怒る)の声をセルフから聴いていく。それは、批判や修正などではなく、わたしの一部が持っている痛みや辛さ、その奥にあるニーズに寄り添う共感。
それがあると、「聴いてもらえた感覚」と共にパーツはゆるみ、癒しや変容が生じ得ます。

すると、「わたし」というシステム全体がより調和のとれた状態に変化していきます。より快適で楽で内側の軸から生きていく「わたし」へのシフト。

自分の内面を見に行く、「わたし」というシステムをより理解する。そんな試みをしてみませんか?
こんな人にオススメです。
*日常の中で「自分の中でどうにかしたい部分」があるけれども、どうしていいか分からず、サポートが欲しい方。
*自分自身をよりよく知り、より調和のとれた状態へのシフトを経験したい方。
*NVCの自己共感を少し違った角度から深めてみたい方。
*パーツワークに関心があり、それを体感することでより深く理解したい方。

★セラピーや治療という意図はありませんので、そういったことが目的の方はご遠慮ください。

【ファシリテーター】神山 彰 (JIN Akila/旧姓 後藤)
東京出身 福岡県田川郡赤村在住。自然の中で感性豊か&循環型の暮らしを営み13年。昨年、ベイビー(自宅出産)に恵まれ家族3人暮らし。

農と食に特化した出版社に2年弱勤務。日本全国の農村を営業で回る。その後、赤村で暮らしながらフェアトレードコーヒーと自然食カフェ、スロービジネススクールの仕事に携わる。自分にとってより本質的な生き方をすべく独立。現在ナリワイは共感コミュニケーション/NVC講座、コーチング、ワークショップ各種、お話会など。

世界や人間に対する捉え方(マインドセット)とそこから紡がれるコミュニケーションが変われば、世の中がもっと平和になると気づき、NVCを学び伝えている。パートナーや子どもとの関係においてもNVCはパワフルだと実感中。
2015年10月、Jim & Jori によるNVCミディエーション(調停)合宿に参加。
2016年2月にマウイ島で実施されたNVCの国際集中トレーニング(IIT)に参加。
2017年 BayNVCが運営する通年でNVCを学ぶLP (Leadership Program) に参加。
2018年 ほぼ育休状態で主夫をしつつ自分や家族と向き合い日常の中でNVCを生きることを実践。
2019年からオンラインでも講座を開催している。

こころや意識の浄化/純化がそのヒトの内側に平和をつくり出すという視点からヴィパッサナー瞑想を実践。7年ほど年1回は10日間コースに参加し、日常的にも坐る。この経験からマインドフルネスを深めている。
最近はプラムヴィレッジ系のマインドフルネスからも学びを得ている。

「サイエンズ/SCIENZ」という手法を通して物事の捉え方や「本質」の探究も学んでいる。サイエンズスクール主催のコースは2年ほどアズワンコミュニティ鈴鹿に通い全て修了。

NVC、マインドフルネス、サイエンズを融合したスタンスからオンラインや福岡県内を中心にNVCの入門講座を開催。知的理解の枠組みと体感をバランス良く得られると好評をいただいている。

一人ひとりの内に平和を、関係性に共感と思いやりを、社会に真の創造性を。