共感ギフトセッション レポート4

ギフトセッションはそれぞれの人の人生に寄り添うことでもあるなぁ、と感じている。
自分はセッション中はその場にいることと集中を大切にしたいので、一切メモや記録、録音を取らないスタイルでやっている。

終わってからその日のうちに記憶と印象を頼りに振り返りつつ、セッションの記録をまとめる。
内容をマインドマップ的に見える化していくのだけども、もう一度セッションを味わい直すような感じで感慨深くなることも度々ある。
その人の人生の一端に触れている感じだからだろうか。

俯瞰してみると、「ああ、ココとココがつながっているよなぁ」といった気づきがこちらにもやってくる。
こんな本も参考になるんじゃないかな、といったインスピレーションも出てくる。
そんなこともテキストベースでお伝えしている。
見える化したものを本人に共有しているのだけども、受け取る方も嬉しいみたいだ。
自分で言うのもなんだけど、なかなか贅沢なギフトだと思っている。

100人ギフトセッションまだまだ受付中です。
お気軽にどうぞ〜。

今回もおふたりの感想を共有します。
================

Yさん
日々いろんな出来事はありますが、感情が動き気になることは何かしらの自分へのメッセージなんだなぁと感じました。
丁寧にそのメッセージに耳を傾けることで、思いがけず内側にある深い部分に触れることができたという感覚です。この一連の流れを普段の生活でも丁寧にできたらいいなと思います。
問題を解決したいとか、気分をすっきりしたいとかその目的のためではなく、ただ自分に寄り添うというあたたかさや優しさに気づきました。

絶妙なタイミングで言葉をかけてくださり、自分の信じていた思いと一体化せずに距離をとることができた時に、はっとさせられました!

後日、丁寧にコメントやセッションの内容をまとめたものも送ってくださり嬉しかったです。セッションが目に見える形で残り、受けただけでは終わらないあたたかな心づかいを感じました。

Sさん
セッション中もあちこち行ったり、どこかに捕まっちゃったりする私の思考を絶妙にガイドしていただいたように感じていますが、セッション後思いがけずメールで頂いたサポートで、あらためて自分の中にあったものとの出会いがありました。びっくりするような、その出会いのあとの軽さ、明るさ。 生身で生きていること、心を持って今ここにいること、を深いところで感じるような、体験でした。

表面的には自覚があって、頭ではわかったつもりだったこと。今までだって自分なりに取り組んできていたこと。そういうものの、でも実は全くリーチできてなかった奥の層に、連れて行ってもらえた感じがしています。

私の中にあった, 私しか知らない, なのに私一人では出会えなくなってしまっていた場所, に。

ありがとうございます。セッションの導きに心から、感謝です。

そしてきっと、コトはそんなに単純ではないんだろうなー、とも感じています。今回サポートしていただいて得た感触を手がかりに、これからも繰り返し、今の自分を大切に、感じていきたい。その奥にちゃんといるものに、ちゃんと出会って行きたいです。

================
以上