リラックスと子どもの性質に立ち返ること プラムヴィレッジ

タイのプラムヴィレッジ滞在で感じたこと その2

自分はヴィパッサナー瞑想(ゴエンカ師の系統)を中心にこれまでマインドフルネスを深めてきた。昨年、富士山で行われたプラムヴィレッジのマインドフルネスに初めて触れた。
そこで、メッセージとして見聞きしていたのは「リラックスすること」「楽しむこと」だった。
あまり馴染めないなぁ、ゆるいなぁ、お気楽だなぁ、ヴィパッサナーの瞑想と比べると深みがないなぁ、みたいなジャッジがあった。それぞれのアプローチなので優越がどちらかにあるわけでもないのだが。

今回、タイランドのプラムヴィレッジに1週間滞在する中で「リラックス」「楽しむ」ということへの理解がとても深まった感じがある。


僧侶団のメンバーたちは、表情が柔らかくて自然な笑顔が多い気がする

リトリート中はとてもリラックスできる環境がある。美しい自然があり、美味しい食事が提供されて、穏やかな雰囲気の人々が周りにいて、自分の内面を話す場もあり、時間がたっぷりある感じ。
普段の生活の中にいると、出てくるネガティブな反応やストレスというものが、プラムヴィレッジに滞在している間にほとんど出てこない。
自分の場合はそのきっかけの大半はパートナーとの関係性から来るので、今回単身で参加していたことも大きく影響しているけれども。

2日目ぐらいから、なんとなく、出会う人々の中に「子どもの性質」が見えるような気がしてきた。「あぁ、みんなでっかい無邪気な子どもなんだなぁ」という感じ。
続きを読む

マインドフルに言葉をつむぐ プラムヴィレッジ

2019年12月25日から2020年1月1日まで、タイランドのプラムヴィレッジにてholiday retreat “Together we are one” に参加させてもらった。

そこでの自分の中での気づき、洞察を書いておきたい。


リトリートの様子はコチラのスライドショーで

ひとつは「自分の言葉づかい」について。
滞在して3日目ぐらいに「なんだか自分の口から出てくる言葉の質感が気になるな」という感覚があった。
ダルマシェアリングという30名ぐらいのグループ内で通訳のボランティアもさせてもらった。その現場の初日に何気ない発話なのだけども、自分の中で何か気になる、引っかかる。 続きを読む