セルフとパーツの対話(その3) 内側での愛着形成【IFSエッセンス解説】

前回まで書いた「セルフとパーツの対話 その1」「その2」では、対話の中身がどういう流れなのかを説明した。
今回は、「愛着形成」という視点を紹介してみたい。

自身の内側で愛着を形成する
個人的には、ここがIFS/パーツワークの要でもあると思っている。

愛着理論というものがある。
幼少期の育ちの過程で親や養育者との関わりにおいて、どういうタイプの「愛着」を持つかというもの。言葉を変えれば、どういう「絆」や「関係性」を持てるかということでもある。

安定型、回避型、葛藤型、無秩序型という分類がされている。
この幼少期の経験が大人になっても大きな影響を持っていて、人と人との関係に現れてくる。
人との親密な関係を回避したり、そこが無秩序になったりなどなど。

また、その人の中でどういった人間観、世界観を形成するかにも深く関わっている。
愛着が安定的でないと、「世界は危険なところだ」、「私は愛されない」、「私は無価値だ」などなどの信念を持つ可能性もある。
続きを読む

セルフとパーツの対話の流れ(その2)セルフコンパッション【IFSエッセンス解説】

前回のその1はこちら

引っ越しの例に戻ろう。
自分のリアルな感覚として気になったのは引っ越しについて考える際に出てくる「胸のあたりの重さ」だった。そのパーツの声を聴いていく。
そのパーツはオドオドさんという名前を持っていた。
慎重に物事を進める役割を持っていて、あまり大きな責任を負いたくないとも言っている。

この時に、「いや、大丈夫だよ。これが時代の流れだし、そこに乗ったら良いんだよ」という他パーツの声も出てくる。違う意見や横槍が入ることで、当初話を聴いていたパーツの声がかき消されてしまったり、話が混線してきて深く聴けなくなることが多い。

横槍が入った時にはそのパーツとブレンドしている状態と捉える。「いや、大丈夫だよ」と言っている声をパーツとして捉え、その意見を認め、受け止めつつ「今は、オドオドさんの話を聴きたいから少し下がっててもらえるだろうか」とお願いしてみる。

下がってもらうことで、再びアンブレンドができてセルフからオドオドさんの話を聴いていける。
他のパーツが出てきても一旦下がってもらうことで、セルフエネルギーに繋がり続けることができる。
そうすることで、ひとつのパーツの声を丁寧に深く聴いていくことが可能になる。
オドオドさんの話を聴いていくと以下のことが浮上してきた。

続きを読む

セルフとパーツの対話の流れ その1【IFSエッセンス解説】

IFSのセッションプロセスの中で生じていることを簡単に表現すると、「その人セルフとパーツの対話」だ。セラピストは基本的にそれをサポートする人。

セルフは、当人の精神性やスピリチュアルなエネルギー。
パーツは、批判的だったり頑固だったり怠け癖だったりといった人間らしい側面。
そんな捉え方もできる。

この内面での対話は経験してみないと分からないかもなぁ、と思いつつ、どういうことなのかを表現してみたい。

例があった方が分かりやすいので、先日自分の中で生じていた葛藤を題材にしてみたい。

簡単に表現すると「福岡県内の特定の場所に引っ越すか」「その場所には引っ越さずに別の場所を探すか」「引っ越し自体をせずに現状に止まるか」ということ。

2月頃にご縁が繋がり、すぐにでも居住可能な古民家を紹介してもらった。
移住という大きな決断でもあり、すぐには心が決まらず、右往左往する。

「引っ越ししようぜ」と言っているパーツの声
これはそういう流れなんだ。
環境も良いし、いろいろな潜在的可能性も高い。
友人一家もすぐ近くに住んでいる。
コミュニティを創っていくことをしたいなら、条件が揃っているじゃないか。
などなど。

「いやぁ、どうかなぁ」と言っているパーツの声
家が広すぎるし、長く住むにはそれなりの改修も必要なんじゃないか。
子育て世代がとても少ないし、これから増える可能性が本当にあるの?
「山が付いている」って聞いてたけど、そこまで広くないし。
まだそんなに知らない土地だし、焦って決めるのもどうかなぁ。
などなど。
続きを読む

「わたし」の中にあるシステム【IFSエッセンス解説】

前回までの解説でパーツとセルフの基本を押さえた上で、今回は「わたし」というものの中身をIFSではどのように捉えるのかについて書いてみたい。

「パーツとは?」の項目で「わたし」についてこう書いた。

「わたしとは何か?」という問いには、多様なパーツを内側に抱えていて、そのダイナミックな相互作用の中で立ち現れる存在とでも言えそうです。

この多様なパーツとは別の存在として、セルフが「わたし」の中心に在る。


多様なパーツのイメージ

パーツを捉える際に、「リソース」「プロテクター」「エグザイル」という視点がある。
リソースはシステムに貢献する資質を発揮しているパーツだ。例えば、私自身の中のリソースに目を向けてみると、以下のような働きがあると思う。
「要素と要素を結びつけて、新しいものを作り出すインスピレーションと発想力」
「複数の資料や文献を理解し、それをまとめ、独自の視点を提供するスキル」
「直感的に本質や本物を嗅ぎ分ける能力」
「薪や山菜、野草などの身近な資源を活用し、暮らしに取り入れるスキル」などなど。
こういったリソースとしてのパーツが働いてくれることで、私のシステム全体も良い感じに機能していく。

続きを読む

「セルフ Self」とは?【IFSエッセンス解説】

スピリチュアルな伝統の中でよく語られる「存在/質感」
ハイヤーセルフ、魂、仏性、コアセルフ、純粋意識、神聖なエネルギーなどなど。
言ってみれば「悟った状態」。
この状態は内側にも外側に対してもジャッジがなく、落ち着きと明晰さがあって、思いやりに満ちている。愛から生きている、愛そのものという感じ。

IFSではその存在/質感を「Self セルフ」と表現している。

これは修行することで到達する状態というようにも捉えられていると思う。
自分もヴィパッサナー瞑想などを通して、そんな状態を目指していた。
心の浄化を通して、到達できる境地。

この状態が、人間が生まれながらにして持っているエネルギーとつながることで、実はいつでもどこでもたどり着けるものだとしたらどうだろう。
そのためにはセルフのエネルギーを覆ってしまっていたり、セルフ以上に影響力を持っているパーツを認識して、距離を取ること。
大抵は、覆われていること自体に自覚がない。
続きを読む

パーツとは?【IFS エッセンス解説】

NVC、サイエンズ、マインドフルネスなどなど自分が色々な手法を学んでくる中で、「これは面白い!」と心から思えているIFS (Internal Family System) というセラピーの手法。

そのエッセンスをポイントごとに表現してみたい。
セッションを受けてくださる方への資料的な位置づけと同時に、自分とのつながりや自己共感、自己受容といったことに関心がある方へのインスピレーションにもなったら良いな、という意図を込めて。同時に、英語の資料は山ほどあるけど、日本語のリソースは限られているのでその点でも関心ある方々へ貢献できたら嬉しい。

【パーツとは?】
IFSでは、「わたし」というシステムは内部に複数の人格を抱えた存在として捉えます。自分に厳しい自分、人に批判的な自分、お調子者の自分などなど。その自分の一側面を「パーツ」という言葉で表現します。

みなさんの中にもいろいろな自分のパーツ/側面/特徴といったものがありますよね。
「パーツ」という言葉が部品的なイメージも持っているため、「〜〜な側面」とか「キャラ」とか「〜〜な存在」といった言い方もできます。
続きを読む

怒りが見せてくれたもの(その2)IFSプロセス

先日書いた自分の中の「怒り」をIFSの手法で見に行った話の続き。

次の日に、ひとりで時間をとって、じっくりと「怒りのパーツ」の話を聴きにいってみた。
その対話の中で明確になったのは以下のこと。

*怒りを抱えているパーツは「フンヌ(憤怒)」という名前。
*世の中の不条理や矛盾を認識すると「人間ってこんなにもバカなの?愚かなの?」という絶望的な感覚がやってくる。
*フンヌが関わっている怒りの80%ぐらいは「外側」から来ている。それは、集合的な怒りである。

*把握しきれない世の中の矛盾や不条理。そこへの集合的な怒りと連帯している。
*全てを把握することはできない。世界中に同じ感覚で怒っている同志がいる。みんな頑張っているから、自分も頑張らねば(気を抜けない。意外と疲れる)。「みんな頑張ってるから、自分は身近なところで感じる矛盾や不条理にはガンガン声を上げていこう!」というモードで常に居る。
続きを読む

怒りの声を聴きにいく(その1)IFSのプロセス

IFSという手法を学びながら個人セッションにも活かしている。
自分の中でだいぶ理解と経験値が蓄積されてきた感じがしている。
今日は、自分の中の「強烈な怒り」の声を聴きにいった話。

先日、共感仲間に手伝ってもらって、自分の中にある「怒り」の声を聴きにいった。
自分の内なる声を聴く手法として「パーツワーク」はステップが明確だし、NVCと親和性もあるし、何より思わぬ発見があり、自己理解と自己受容が深まる。
自分が普段は意識していない自分の部分に出会える面白さもある。

IFSの大前提は、ひとりの人間の中に複数のパーツが存在していて、全体がシステムとして機能しているというもの。
自分の中に、内外に批判的なパーツやタスクをテキパキこなすパーツ、段取り力を発揮するパーツ、世の不条理に過剰に反応するパーツなどなど、たくさんの存在がいる。
全部ひっくるめて、今のわたし。


続きを読む